Android M以降のパーミッションチェック実装|Android開発

   

API Level23からAndroidの権限チェックの方法が変更になりました。
これまでは、インストール時に確認でしたがこれからはその機能を使うタイミングで権限の確認を行うようになります。
その実装サンプルです。但し今回は機能使用時ではなく、起動時に纏めて確認しちゃう方法になります(^-^;

はじめに

app/build.gradleAndroidManifest.xmltargetSdkVersionを23以上にしておいて下さい。23未満だと実装してもチェック処理が走りません。
また、権限チェックを行う対象をAndroidManifest.xmluses-permissionで追加しておきます。

処理の流れ

権限チェックActivity(PermissionsCheckActivity)と実際の初期画面(MainActivity)を用意します。
そして起動Activityとして、PermissionsCheckActivityを指定します。
アプリケーションの動作は、

  1. PermissionsCheckActivityを起動。
  2. 権限がこれまでに全てALLOWになっていなければ、確認処理を実施します。
    既に権限が全てALLOWの場合は、MainActivityを起動します。
  3. ALLOWになっていない権限の確認を行います。(requestPermissions)
    permission-camera
    permission-wr-st
  4. チェック結果を受け取ります。(onRequestPermissionsResult)
    • チェック結果が全てALLOWならMainActivityを起動します。
    • チェック結果にDENYがあればPermissionsCheckActivityを終了し、アプリケーションも終了します。

サンプルコード

レイアウトファイル

権限チェックActivity

今回はカメラの使用(Manifest.permission.CAMERA)とストレージへの書き込み(Manifest.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE)をチェックしています。

実際は権限チェック表示のところで自身の文言を表示し、何に使うのかユーザに示すのが推奨されていますが、ここでは行っていません。

 - Android