Movable Typeのフォーマットは?

   

WordPressにインポートするためのMovable Typeのフォーマットについて。
詳しい説明はMovable Typeの読み込みファイル・フォーマット参照。

ここではアメブロから引っ越しする際に必要なメタデータについて解説します。

まずはサンプル。

Movable Type サンプル

1記事こんな感じです。複数記事を1ファイルにする場合は上記を繰り返して記述します。

各メタデータの説明

記事エリア

TITLE:

記事のタイトルを記述します。

DATE:

記事の投稿日時です、。フォーマットは決まっていて
月/日/西暦 時:分:秒です。
月・日・時・分・秒は全て2桁です。時刻は24時間表記。(時刻は末尾にAMまたはPMを付けることで12時間表記も可能です。)

PRIMARY CATEGORY:

記事のカテゴリを記述します。アメブロからの引っ越しの際は下記CATEGORY:と同じとしました。
未分類の場合は本タグ自体を無しにします。

CATEGORY:

本来はサブカテゴリを記述します。アメブロからの引っ越しの際は上記PRIMARY CATEGORY:と同じとしました。

BODY:

本文を記述します。
HTMLタグなどはそのままインポートされます。

コメントエリア

COMMENT:

1コメント毎に記述します。

AUTHOR:

コメント投稿者名です。

URL:

コメント投稿者のホームページアドレスです。
アメブロユーザーの場合は、アメブロアドレスになっていると思います。

DATE:

コメント日時。フォーマットは記事と同じです。

区切り記号

1記事の区切りは--------(半角ハイフン8個)です。
記事ヘッダとBODY、記事とコメント、コメントとコメントは-----(半角ハイフン5個)で区切ります
ファイルの末尾は必ず半角ハイフン8個になります。

私が行った引っ越し作業では、アメブロの記事を取得後、上記の様に整形してからWordPressへインポートしました。

 - アメブロからの引っ越し