JavaScriptを使ったSPA(Single Page Application)の実装

クライアント側でJavaScriptを使い、SPA(Single Page Application)を実装する方法です。

サーバ側

本サンプルではサーバ側をNode.js+Expressで作成します。
サーバ側ではクライアントからの要求で更新するデータを送付するルーティングを記載します。

app.post('/post-test', (request, response) => {
  const { sendData } = request.body;
  const result = sendData + " to server."
  response.send({ result: result });
});

クライアント側

jQueryを使う場合と素のJavaScriptを使う方法があります。

jQuery

$.post('/post-test', { sendData: 'client' })
.done((data) => {
  if (data.result) {
    console.log(data.result); // client to server.
    return;
  }
});

素のJavaScript

Fetch APIを使います。

const data = {
  sendData: 'client'
};

fetch('/post-test', {
  method: 'POST',
  headers: {
    'Content-Type': 'application/json'
  },
  body: JSON.stringify(data),
}).then((response) => {
  if (!response.ok) {
    throw('server error');
    return;
  }
  return response.json();
}).then((data) => {
  // data = response.json()の結果.
  if (data.result) {
    console.log(data.result); // client to server.
    return;
  }
}).catch((error) => {
  console.error(error);
});

今回は文字列の送信だけですが、リストのデータなどをサーバから送信することでページの表示を切り替えることが可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。