Excelのセル参照で使える便利機能

Excelの数式入力時に使うセル参照について、よく使う処理や便利な機能をまとめました。

連続データ作成時に同一セルを参照する

下記の様に数式ドラッグ時に、参照セルの行や列を固定したい場合があります。この場合、固定したい位置に$を付けるとドラッグしても自動で参照セルが更新されません。

Excelで同一セルを参照する方法

ドラッグで数式をコピー。

Excelで同一セルを参照する方法

A列の行が更新されています。

Excelで同一セルを参照する方法

$付きでセルを指定。

Excelで同一セルを参照する方法

ドラッグで数式をコピー後もA列は同じ行を参照しています。

Excelで同一セルを参照する方法

使い方

記述例 内容
A$1 縦(行)方向にドラッグ時、1行目参照で固定
$A1 横(列)方向にドラッグ時、A列参照で固定
$A$1 縦横どちらにドラッグしてもA列1行目参照で固定

指定したセルに名前を定義する

名前の管理を使ってセルに名前を付けることができます。定義した名前は数式で使用できます。

セルに名前を付ける方法

  1. セルを選択して、Ctrl + F3
  2. 新規作成ボタン
    Excelでセルに名前を付ける
  3. 名前と参照範囲を入力して、OKボタン
    セルを選択してダイアログを表示した場合、参照範囲には選択したセルが入力されています
    Excelでセルに名前を付ける
  4. 閉じるボタン
    Excelでセルに名前を付ける

使用例

数式に設定した名前を使用します。

Excelでセルに名前を付ける

計算結果から、A1が参照されていることが分かります。

Excelでセルに名前を付ける

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です