Gitの使い方 | 差分表示

差分を確認する方法(git diffコマンド)の覚え書きです。

コミット間の差分を確認する

git diff <コミットID1> <コミットID2>

コミットIDはgit logなどで確認できるハッシュ値(先頭7文字程度)です。

コミットIDの例

ステージとワーキングの差分を確認する

  • 全ての差分
    git diff
    
  • ファイル指定
    git diff <ファイル名>
    

リポジトリとステージの差分を確認する

git commit -v

直前のコミット状態と実ファイル(ステージ・ワーキング)の差分を確認する

  • 全ての差分
    git diff HEAD
    
  • ファイル指定
    git diff HEAD <ファイル名>
    

リモートとローカルリポジトリの差分を確認する

コミット済みのものを比較します。

git diff origin/<ブランチ名>..HEAD

差分のあるファイル名だけを確認したい時は--name-onlyを付けます。

git diff origin/<ブランチ名>..HEAD --name-only

比較にWinMergeを使う

.gitconfig(Windowsの場合C:\Users\<ユーザー名>\.gitconfigにある)に次の内容を追記します。

[diff]
    tool = WinMerge
    guitool = WinMerge
[difftool "WinMerge"]
    path = "<WinMergeのフォルダパス>\\WinMergeU.exe"
    cmd = \"<WinMergeのフォルダパス>\\WinMergeU.exe\" -e -ub -dl \"Base\" -dr \"Mine\" \"$LOCAL\" \"$REMOTE\"

使い方

  • ファイルを指定して比較
    git difftool <ファイル名>
    
  • フォルダ配下を全て比較
    git difftool -d
    

各コマンドの置き換え

上記で紹介した各コマンドのgit diffの部分をgit difftoolまたはgit difftool -dにすると、WinMergeで差分が確認できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です