Thunderbirdでデータを移行する方法

Thunderbirdメールボックスの内容やアドレス帳を別のパソコンにコピー(エクスポート&インポート)する方法です。

メールデータの移行

受信済みのメールを別のパソコンにコピー(エクスポート&インポート)する方法です。ThunderbirdのアドオンImportExportToolsを使います。

ImportExportToolsのインストール

ひと昔前まではアドオンをサイトからダウンロードしてきてインストールするという方法でしたが、今はThunderbird上からアドオンを検索できるようになっています。

  1. ツール>アドオン
    アドオンメニュー メニューバーが表示されていない場合
    1. ウインドウ上部で右クリック
    2. メニューバー メニューバー表示
  2. 拡張機能 ImportExportToolsのインストール
  3. ImportExportToolsを検索 ImportExportToolsのインストール
  4. Thunderbird へ追加ボタン ImportExportToolsのインストール ImportExportToolsのインストール
  5. 今すぐインストールボタン ImportExportToolsのインストール
  6. 今すぐ再起動ボタン ImportExportToolsのインストール

メールデータのエクスポート

アカウント毎に受信済みのメールを出力します。メールデータのバックアップとしても使えます。

  1. アカウントを右クリック
  2. ImportExportTools>すべてのフォルダをエクスポート (フォルダ構成を含む) ImportExportTool エクスポート
  3. 任意のフォルダを選択(空のフォルダを指定しましょう)
  4. しばらくしてタスクバーにメッセージが表示されたら完了です ImportExportTool エクスポート

エクスポートファイル

ImportExportTool エクスポート

メールデータのインポート

新しいパソコンにThunderbirdをインストール後、アカウントを作成します。

  1. アカウントを右クリック
  2. ImportExportTools>mbox ファイルをインポート ImportExportTool インポート
  3. サブフォルダを含む単一または複数の mbox ファイルをインポートを選択して、OKボタン ImportExportTool インポート
  4. インポートするファイル(エクスポートの出力ファイル)を全て選択
  5. 開くボタン ImportExportTool インポート
  6. メールデータがアカウントに展開されます
    インポートした受信トレイ送信済みトレイは別の名前でフォルダ扱いとなります。インポート後に移動などを行い調整してください

アドレス帳の移行

Thunderbirdのアドレス帳は標準でエクスポート・インポートが用意されているため、簡単に移行できます。

エクスポート

アドレス帳を出力したいThunderbirdで作業を行います。

  1. ツール>アドレス帳 アドレス帳
  2. エクスポートしたいアドレス帳を選択 アドレス帳エクスポート
  3. ツール>エクスポート アドレス帳エクスポート
  4. 任意の保存先を選択(CSVファイルで保存されます)

インポート

アドレス帳を取り込みたいThunderbirdで作業を行います。

  1. ツール>アドレス帳 アドレス帳 アドレス帳インポート
  2. ツール>インポート アドレス帳インポート
  3. アドレス帳を選択して、次へボタン アドレス帳インポート
  4. テキストファイル (LDIF, .tab, .csv, .txt)を選択して、次へボタン アドレス帳インポート
  5. カンマ区切りを選択し、取り込みたい(エクスポートした)ファイルを選択する
  6. 開くボタン
  7. アドレス帳インポート
  8. 何も変えずにOKボタン アドレス帳インポート
  9. 完了ボタン アドレス帳インポート
  10. アドレス帳が取り込まれました アドレス帳インポート

メッセージフィルターの移行

ThunderbirdのメッセージフィルターはmsgFilterRules.datというファイルにアカウント毎に保存してあります。このファイルをコピーすれば移行できます。
なお作業はThunderbirdを終了した状態で行ってください。また、メッセージフィルターが使用するフォルダー(メッセージ移動先など)が移行先のThunderbirdに存在しない場合、フィルターの設定がクリアされてしまうので注意してください。

msgFilterRules.datの保存先は以下の場所になります。(Windows10・POP3の場合)
%AppData%\Thunderbird\Profiles\{xxxxxxxx}.default\Mail{メールサーバー名}\msgFilterRules.dat
%AppData%はOSがCドライブにある場合、"C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Roaming"です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です