Gitの使い方 | remoteコマンド

リモートリポジトリの管理にはremoteコマンドを使用します。

リモートリポジトリのURLを確認する

git remote -v

リモートリポジトリのURLを変更する

git remote set-url <リモートリポジトリ名> <新しいリモートURL>

# 例
git remote set-url origin https://github.com/user/new-repository.git

リモートリポジトリを追加する

リモートリポジトリが何も設定されていない場合、プッシュするためにはリモートリポジトリの追加が必要です。

git remote add <リモートリポジトリ名> <リモートURL>

# 例
git remote add origin https://github.com/user/repository.git

リモートリポジトリを削除する

git remote rm <リモートリポジトリ名>

Windows利用時の注意点

リモートURLをネットワークフォルダなどにする際、\マークで指定する場合は、次のようにスケープする必要があります。

git remote add origin \\\\share\\group\\git\\repos\\repo.git
[/box]
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です