タイマを使う|Java

Javaでのタイマ利用方法。

定義

クラスのメンバ変数として、Timerインスタンスを保持する場合です。

import java.util.Timer;
import java.util.TimerTask;

private Timer mTimer;

タイマの開始

タイムアップのたびにログを出力する簡単なサンプルです。

// タイマの生成.
// true = デーモンスレッド(アプリ終了時にスレッドの実行終了を待たない)
mTimer = new Timer(true);
// 30秒後(30,000ms)から60秒(60,000ms)間隔で実行.
mTimer.schedule(new TimerTask() {
    @Override
    public void run() {
        Log.i(TAG, Calendar.getInstance().toString() + ":time up");
    }
}, 30000, 60000);

タイマの停止

if (mTimer != null) {
    mTimer.cancel();
    mTimer = null;
}
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。