JavaScriptのNull合体演算子

Null合体演算子は変数などの値がnullundefinedの場合に、別の値を返します。

const foo = null;
let msg = foo ?? 'sample';
console.log(msg); // "sample"
const foo = undefined;
let msg = foo ?? 'sample';
console.log(msg); // "sample"
const foo = 'the world';
let msg = foo ?? 'sample';
console.log(msg); // "the world"

0や空文字などは値をそのまま返すので注意が必要です。

const foo = 0;
let msg = foo ?? 'sample';
console.log(msg); // 0
const foo = '';
let msg = foo ?? 'sample';
console.log(msg); // ""
const foo = false;
let msg = foo ?? 'sample';
console.log(msg); // false
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。