PHPの三項演算子

PHPの三項演算子について。通常の三項演算子は他の言語同様です。

条件式 ? 真の場合の値 : 偽の場合の値;
$result = true ? 'true' : 'false';
echo $result;
=> 'true';

$result = false ? 'true' : 'false';
echo $result;
=> 'false';

エルビス演算子

判定する変数 ?: 変数がfalseの場合の値;

下記の場合、

  • $checktrue(または真)のとき、$resultには$checkの値が代入されます
  • $checkfalse(または偽)のとき、$resultには文字列'no'が代入されます
$result = $check ?: 'no';

NULL合体演算子

判定する変数 ?? 変数がnullの場合の値;

下記の場合、

  • $checknullのとき、$resultには文字列'Null'が代入されます
  • $checknull以外のとき、$resultには$checkの値が代入されます
$result = $check ?? 'Null';
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です