WinActorで「Outlookメーラ終了」でOutlookメーラが終了しない場合の解決方法

WinActorでOutlookメーラの操作を自動化したシナリオをショートカットやタスクスケジューラーから実行した時、ライブラリ「Outlookメーラ終了」を実行しているのにOutlookメーラが終了しないケースがあります。

この時、スクリプトではGetObject(“Outlook.Application”)でオブジェクトが取得できず、処理がスルーされています。

原因

Ofiiceアプリケーションが実行中のオブジェクトテーブル(ROT)に登録されていないためで、Officeアプリケーションが起動から一度もフォーカスを失っていない場合に発生します。

参考

[OFF2003] [PRB] GetObject や GetActiveObject を使用して実行中の Office アプリケーションを検出できない

解決方法

「Outlookメーラ終了」の直前にデスクトップ表示(Win + Dのエミュレーション)などを行い、アプリケーションからフォーカスを外すことでOutlookメーラが終了できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です