mediasoup (WebRTC SFU)のインストール手順

WebRTC SFUも自前で実装となると難しいですが、mediasoupというOSS(オープンソースソフトウェア)を使用すれば比較的簡単に実装できます。
mediasoupの使い方は長くなるので、本記事ではmediasoupのインストールとビルド手順を紹介します。

Ubuntu の場合

mediasoup v3 Installationを参考にして、インストールを行います。

必要パッケージのインストール

まず、下記のモジュールがインストールされていることを確認します。インストールされていない場合はインストールしてください。
必要なバージョンは上記サイトに記載があります。

本記事作成時の私のバージョンは次の通りです。

  • node – 14.16.1
  • python3 – 3.8.10
  • make – 4.2.1
  • gcc – 9.3.0
  • g++ – 9.3.0

make と gcc

コマンドでmake --versionと入力し、バージョンが表示されない場合、次のコマンドでmakeをインストールします。
コマンドでgcc --versionと入力し、バージョンが表示されない場合、次のコマンドでgccをインストールします。

sudo apt install build-essential

g++

コマンドでg++ --versionと入力し、バージョンが表示されない場合、次のコマンドでg++をインストールします。

sudo apt install g++

Python のバージョン確認

インストールされているPythonのバージョンを確認します。
次のコマンドを入力し、バージョンが表示されればpython2がインストールされています。

python --version

python3がインストールされている場合は、python --versionではなくpython3 --versionでバージョンが表示されます。

python3 --version

python3.9がインストールされている場合は、python3.9 --versionでバージョンが表示されます。

python3.9 --version

mediasoup のインストール

任意のフォルダを作成し次のコマンドで初期化します。

npm init

次のコマンドを実行してmediasoupをインストールします。(時間が掛かります)

PYTHON=python3 npm install mediasoup@3

python3.9がインストールされている場合は、コマンドを次のようにします。

PYTHON=python3.9 npm install mediasoup@3

python2の場合はコマンドを次のようにします。

npm install mediasoup@3

mediasoup-client のインストールとビルド

クライアントサイドで使用するmediasoup-clientは事前にビルドしておき、使用するページで読み込みます。

  1. 次のコマンドを実行してbrowserifyをインストールする
    npm install browserify -D
    
  2. 次のコマンドを実行してmediasoup-clientをインストールする
    npm install mediasoup-client@3 -D
    
  3. browserifyを使ってmediasoup-clientをビルドする
    ここでは、public/jsディレクトリにビルドしたファイルを格納する
    mkdir public
    mkdir public/js
    node_modules/browserify/bin/cmd.js node_modules/mediasoup-client/lib/index.js -s MediasoupClient -o public/js/mediasoup-client.js
    

生成されたpublic/js/mediasoup-client.jsscriptタグで読み込むとMediasoupClientが利用できるようになります。

Windows の場合

あらかじめ、必要なアプリケーションをインストールします。

本記事作成時の私のバージョンは次の通りです。

  • Windows10
  • Python – 3.10.4
  • MinGW – 6.3.0

MinGW のインストール

  1. MinGW – Minimalist GNU for Windowsをブラウザで開く
  2. Files>Installer>mingw-get-setup.exeをダウンロードする
  3. ダウンロードしたmingw-get-setup.exeを実行し、MinGWをインストールする
    Basic Setup>msys-baseのみでOK mediasoupインストール チェック後、Installation>Apply ChangesApplyボタン
  4. 環境変数PATHmake.exeへのパス(例:C:\MinGW\msys\1.0\bin)を追加する

Python 関係

アプリ実行エイリアスの変更

  1. Windowsの設定>アプリ
  2. アプリと機能>アプリ実行エイリアス
    mediasoupインストール
  3. python.exe/python3.exe関係をオフにする
    mediasoupインストール

Python のインストール

Pythonをインストールします。Microsoft Storeのものだとmediasoupがうまくインストールできなかったので、インストーラーからのインストールをお勧めします。
Pythonと一緒にpipも必要です。

環境変数PATHに以下を追加します。(C\Python3にPythonをインストールした場合)

  • C\Python3
  • C\Python3\Scripts

mediasoup のインストール

任意のフォルダを作成し次のコマンドで初期化します。

npm init

次のコマンドを実行してmediasoupをインストールします。(時間が掛かります)

npm install mediasoup@3

mediasoup-client のインストールとビルド

クライアントサイドで使用するmediasoup-clientは事前にビルドしておき、使用するページで読み込みます。

  1. 次のコマンドを実行してbrowserifyをインストールする
    npm install browserify -D
    
  2. 次のコマンドを実行してmediasoup-clientをインストールする
     npm install mediasoup-client@3 -D
    
  3. browserifyを使ってmediasoup-clientをビルドする
    ここでは、public/jsディレクトリにビルドしたファイルを格納する
    mkdir public
    mkdir public\js
    node node_modules\browserify\bin\cmd.js node_modules\mediasoup-client\lib\index.js -s MediasoupClient -o public\js\mediasoup-client.js
    

生成されたpublic/js/mediasoup-client.jsscriptタグで読み込むとMediasoupClientが利用できるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。