adbコマンドでできること|Android開発

よく使うadb(Android Debug Bridge)コマンドの備忘録。adbツールはSDK toolsインストールフォルダのplatform-tools/にあります。

adb コマンド

アプリのインストール

adb install {apk}

アプリのアンインストール

adb uninstall {packagename}

端末からパソコンへファイルをコピー

adb pull {端末のファイルパス} {PCの保存先}
  • 端末のファイルパスは端末のファイルブラウザなどで確認する
  • ワイルドカード指定不可

パソコンから端末にファイルをコピー

adb push {PCのファイルパス} {端末の保存先}

認識されているデバイスを表示

adb devices

adb サーバの起動

adb start-server

adb サーバの停止

adb kill-server

デバックログ表示

adb logcat

Ctrl+Cで終了します。

バージョン番号表示

adb version

adb shell

シェルを起動

adb shell

終了時は

exit

タップ

adb shell input touchscreen tap {x} {y}

または

adb shell input tap {x} {y}

スワイプ

adb shell input swipe {x1} {y1} {x2} {y2}

または

adb shell input swipe {x1} {y1} {x2} {y2} {msec}

msecはスワイプにかける時間(ミリ秒)です。

長押し

adb shell input swipe {x1} {y1} {x1} {y1} {msec}

スワイプで始点と終点を同じにして、時間を指定します。時間が短いとタップになるので注意。

キーイベント

バックキーの場合。

adb shell input keyevent KEYCODE_BACK

文字列入力

adb shell input text {文字列}

上記では確定状態になっていないので、エンターキーを送信して確定します。

adb shell input keyevent KEYCODE_ENTER

input textで日本語は入力できません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です