アプリケーションの画面をスリープさせないようにする|Android開発

開発するAndroidアプリの中には、画面表示したままスリープ(画面消灯)させたくないものもあるかと思います。端末の設定ではMAX30分で画面消灯してしまうため、アプリケーション側の設定で画面消灯させないようにします。

Activity のソースコードで指定する

Window.addFlags()FLAG_KEEP_SCREEN_ONを指定することで画面がスリープ状態に入ることを防ぎます。

@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
    setContentView(R.layout.activity_main);
    getWindow().addFlags(WindowManager.LayoutParams.FLAG_KEEP_SCREEN_ON);
}

レイアウトファイルで指定する

レイアウトファイルのルート要素で、android:keepScreenOn="true"を指定することで画面がスリープ状態に入ることを防ぎます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:orientation="vertical"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:keepScreenOn="true"
    tools:context=".MainActivity">
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です