タイマを使う|JavaScript

JavaScriptでタイマを使う方法です。

setInterval()

setInterval()は一定間隔毎に通知を行うインターバルタイマを開始します。

const timerId = setInterval(callback, interval_ms, [arg1, arg2, ...]);

clearInterval()

clearInterval()でタイマを停止します。

clearInterval(timerId);

サンプル

var cnt = 0;
var intervalTimer = setInterval(function() {
    console.log("***");
    cnt++;
    if (5 < cnt) {
        clearInterval(intervalTimer);
        console.log("stop");
    }
}, 100);

実行結果

***
***
***
***
***
***
stop

setTimeout()

setTimeout()は指定時間経過後にコールバックが呼ばれるディレイタイマを開始します。

const timerId = setTimeout(callback, interval_ms, [arg1, arg2, ...]);

clearTimeout()

clearTimeout()でタイマを強制停止できます。

clearTimeout(timerId);

サンプル

var delayTimer = setTimeout(function() {
    console.log("stop");
}, 500);

実行結果

stop
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。