EJSの使い方

ExpressのテンプレートエンジンEJSの使い方です。

EJSのインストール

npm install ejs

使い方

サーバサイド(抜粋)

viewsディレクトリにテンプレートファイルを置く場合。

/
- views
    - main.ejs
- index.js
const express = require('express');
const app = express();

app.set('views', path.join(__dirname, 'views'));
app.set('view engine', 'ejs');

app.get('/', (request, response) => {
    response.render('main', { name: 'dragon'});
});

クライアントサイド

<!doctype html>
<html>
<head>
    <meta charset="charset=UTF-8" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title>test ejs</title>
</head>
<body>
    <div>
        <%= name %>
    </div>
</body>
</html>

書式

変数の出力

<%= 変数名 %>

HTMLエスケープせずに出力

<%- 変数名 %>

サンプル

サーバサイド
const param = {
    html: '改行のある<br />文字列',
}
response.render('main', param);
クライアントサイド
<div>
    <%- html %>
</div>
<div>
    <%= html %>
</div>
クライアントの表示
EJSの表示例

別ファイルの読み込み

<%- include('ファイル名', パラメータ ) %>

サンプル

<%- include('header', { title: "main page" } )  %>
<body>
    <div>
        include test.
    </div>
</body>
</html>
header.ejs
<!doctype html>
<html>
<head>
    <meta charset="charset=UTF-8" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title><%= title %></title>
</head>

出力

<!doctype html>
<html>
<head>
    <meta charset="charset=UTF-8" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title>main page</title>
</head>

<body>
    <div>
        include test.
    </div>
</body>
</html>

ループ

<% for %>の中にJavaScriptのループ処理を記述できます。

<% for (初期値; ループ継続条件; カウンタ変数の更新) { %>
    // 処理.
<%} %>

<% for (let i = 0; i < history.length; i++) { %>
    <%= history[i].datetime %><br />
<% } %>

<% for (let item of history) { %>
    <%= item.datetime %><br />
<% } %>

出力

2022/7/7 15:12<br />

2022/7/7 15:13<br />

2022/7/7 15:14<br />

2022/7/7 15:16<br />

上記のように出力は1行ごとに改行コードが追加されます。これを抑制したい場合はループの終了タグを次のようにします。(末尾を-%>)
<% for (let item of history) { -%>

出力

2022/7/7 15:12<br />
2022/7/7 15:13<br />
2022/7/7 15:14<br />
2022/7/7 15:16<br />

条件判定

<% if (条件) { %>
    // 
<% } else { %>
    //
<% } %>

サンプル

<% let historyNum = history.length; %>
<% if (historyNum < 10) num = 10; else if (historyNum > 20) num = 20; else num = historyNum; %>

scriptタグ内での使用

サーバから受け取った変数をクライアントの<script>タグ内で使う方法です。
数値や文字列であれば以下で取得可能です。

const id = "<%= id %>";

配列・オブジェクトの場合は、次のようにします。
<%=ではなく、<%-で指定します。<%=の場合、JSON.parse()でエラーとなります。

// rowsはオブジェクトの配列.
const rows = JSON.parse('<%- JSON.stringify(rows) %>');
for (let i = 0; i < rows.length; i++) {
    console.log(`${rows[i].id}`);
}
// rangeはオブジェクト.
const range = JSON.parse('<%- JSON.stringify(range) %>');
if (range.start) {
    :
}
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です