Excelでよく使う日付系操作まとめ

Excelで日付に関する処理で使うものをまとめてみました。

日付から曜日を取得する

TEXT 関数を使い、日付から曜日を取得します。
TEXT 関数の書式は以下になります。

=TEXT(書式設定する値, "適用する表示形式コード")
日付→曜日以外にも色々な表示形式があります。

曜日の表示形式コード

適用する表示形式コード 表示例
“aaa”
“aaaa” 月曜日
“ddd” Mon
“dddd” Monday

使用例

Sample Excel

月の最終日(月末日)を表示する

DATE 関数を使用する

DATE 関数の書式は以下になります。

DATE(年, 月 ,日)

は0以下の場合に、当月から減算されます。それを利用して次月の前日(=当月の最終日)を取得します。
例) 10月の最終日を知りたい場合

計算式 表示例
DATE(2018,10+1,0) 2018/10/31

EOMONTH 関数を利用する

EOMONTH 関数の書式は以下になります。

EOMONTH(開始日, 月)

取得される値はシリアル値なので、セルの書式設定でddまたはdとする必要があります。

セルの書式設定

使用例

Sample Excel
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です