バリデーション機能の使い方|Laravel

Laravelでは入力に対するバリデーション機能が用意されています。バリデーション機能を使うと入力チェックが簡単に行えたり、エラー時に前回入力値をフォームへ反映してくれるため非常に便利です。
個人的にはフォームへの前回入力値反映は開発コストが減るのでありがたいです。

バリデーションの使い方

バリデーションの構文は$this->validate()と、$request->validate()を使うパターンがあります。

$this->validate($request, ルール, [エラーメッセージ], [属性名]);
function execute(Request $request) {
    $request->validate(ルール, [エラーメッセージ], [属性名]);
}

以下は実際に送信フォームのバリデーションを行うサンプルになります。

サンプルソース

送信フォーム

<?= Form::open(['action' => 'ValidateSampleController@execute', 'method' => 'post']); ?>
<p>氏名<br /><?= Form::text('user_name', '', ['id' => 'user-name', 'size' => 50]); ?></p>
<p>コメント<br /><?= Form::text('comment', '', ['id' => 'comment', 'size' => 50]); ?></p>
<p>メールアドレス<br /><?= Form::text('email', '', ['id' => 'email', 'size' => 50]); ?></p>
<p>日時</p>
<div class="form-row">
    <div class="form-group form-row border p-2">
        {{ Form::label('label2', '西暦', ['class' => 'col-form-label w-50px']) }}
        {{ Form::selectRange('regist_date[year]', 2019, 2020, '', ['placeholder' => '', 'class' => 'form-control w-100px']) }}
        {{ Form::label('label3', '年', ['class' => 'col-form-label w-50px']) }}
        {{ Form::selectRange('regist_date[month]', 1, 12, '', ['placeholder' => '', 'class' => 'form-control w-80px']) }}
        {{ Form::label('label4', '月', ['class' => 'col-form-label w-50px']) }}
        {{ Form::selectRange('regist_date[day]', 1, 31, '', ['placeholder' => '', 'class' => 'form-control w-80px']) }}
        {{ Form::label('label5', '日', ['class' => 'col-form-label w-50px']) }}
    </div>
</div>

<div class="text-right">
    <?= Form::reset('リセット', ['id' => 'reset-button', 'class' => 'btn btn-outline-success btn-lg']); ?>
    <?= Form::submit('登録', ['id' => 'regist-button', 'name' => 'regist', 'class' => 'btn btn-success btn-lg']); ?>
</div>
<?= Form::close(); ?>
Laravel-Validation

バリデーション

コントローラのアクションメソッドでvalidate()をコールします。

class ValidateSampleController extends Controller
{
    public function execute(Request $request) {
        $request->validate(
            [
                'user_name'  => 'required',
                'email' => 'required|email',
                'regist_date.year' => 'required',
                'regist_date.month' => 'required',
                'regist_date.day' => 'required',
            ],
            [
                'required' => ':attributeを入力してください',
                'email.email' => '正しい:attributeを入力してください',
                'regist_date.required' => ':attributeを選択してください',
            ],
            [
                'user_name' => '名前',
                'email' => 'メールアドレス',
                'regist_date.year' => '日時',
                'regist_date.month' => '日時',
                'regist_date.day' => '日時',
            ]);

            return view('sample');
    }
}

ルール

ルールは'属性名' => 'バリデーションルール'の連想配列で指定します。
バリデーションルール|で複数指定可能です。使用可能なバリデーションルールについては公式ドキュメントを参照してください。

フォーム側でregist_date[year]のように指定した属性名はドット記法で'regist_date.year'のように指定します。

エラーメッセージ

エラーメッセージは任意のパラメータです。デフォルトのエラーメッセージをカスタマイズしたい場合に使用します。
'バリデーションルール' => 'エラーメッセージ''属性名.バリデーションルール' => 'エラーメッセージ'のように連想配列で指定します。
サンプルにある:attributeには属性名が入ります。

属性名

エラーメッセージは任意のパラメータです。:attributeに入る文字列をカスタマイズしたい場合いに使用します。
'属性名' => '表示名'の連想配列で指定します。

エラーメッセージの表示

Blade側で$errors変数を利用して出力します。
all()メソッドで全フィールドの全エラーメッセージの配列が取得できます。

@if ($errors->any())
    <div class="col alert alert-danger" role="alert">
        <ul>
        @foreach ($errors->all() as $error)
            <li>{{ $error }}</li>
        @endforeach
        </ul>
    </div>
@endif
Laravel-Validation
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です