TortoiseSVNのリポジトリをバックアップする方法

TortoiseSVNでリポジトリのバックアップや移行を行う手順です。
まず、https://svn.apache.org/repos/asf/subversion/trunk/tools/server-side/svn-backup-dumps.pyをダウンロードします。
ダウンロードしたsvn-backup-dumps.pyはパスの通っている場所に格納してください。

フルバックアップをする

  1. コマンドプロンプトを起動する
  2. バックアップ先のディレクトリを作成する(e.g.C:\svn-backup)
  3. バックアップしたいリポジトリがあるディレクトリに移動する
    C:\remote\doc.svnをバックアップしたい場合
cd C:\remote
  1. 以下のコマンドを実行でリポジトリのダンプファイルが作成されます
svn-backup-dumps.py {リポジトリ名} {バックアップ先ディレクトリ} > {ログファイル名}

# sample
svn-backup-dumps.py repo.svn c:\svn-backup > svn-backup.log

復元方法

  1. コマンドプロンプトを起動する
  2. 復元先のリポジトリを格納するディレクトリに移動する
  3. 以下のコマンドで新しいリポジトリを作成
svnadmin create {新規リポジトリ名}

# sample
svnadmin create recover.svn
  1. 以下のコマンドでダンプファイルからリポジトリをロードします
svnadmin load {新規リポジトリ名} < {ダンプファイル}

# sample
svnadmin load recover.svn < repo.svn.000000-000062.svndmp

コマンドラインツールが使用できない場合

TortoiseSVNインストール時にコマンドラインツールを追加していなかった場合、コマンドラインツールが使えません。その場合は下記の手順で追加できます。(手順はWindows10の場合になります)

  1. 設定>アプリ>アプリと機能でTortoiseSVNを選択
  2. 変更ボタン
    TortoiseSVN コマンドラインツール追加
  3. Nextボタン
    TortoiseSVN コマンドラインツール追加
  4. Modifyボタン
    TortoiseSVN コマンドラインツール追加
  5. command line client toolsWill be installed on local hard driveにする
  6. Nextボタン
    TortoiseSVN コマンドラインツール追加
  7. Installボタン
    TortoiseSVN コマンドラインツール追加
  8. インストール時のmsiファイルが見つからない場合、以下のようなダイアログが表示されます
    指定されたmsiを再度ダウンロードしてきて配置し、OKボタンをクリックします
    TortoiseSVN コマンドラインツール追加
  9. Finishボタン
    TortoiseSVN コマンドラインツール追加
  10. {TortoiseSVNインストールディレクトリ}\binにパスが通っていない場合はパスを通します

リポジトリの削除

リポジトリの削除はフォルダごと削除すればOKです。Windowsのコマンドなら削除したいリポジトリの親ディレクトリに移動して以下のコマンドで削除できます。

rmdir /S {リポジトリ名}
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です