Windows7からWindows10に無償アップグレードする方法[2020年6月版]

Windows7のサポートが2020年1月14日で終了しました。今後はWindows10の導入が必須となるわけですね。
私は早い段階でアップグレードしたので無償アップグレードできましたが、この無償アップグレードは2016年7月29日に終了しています。

ただ、家にはまだ1台Windows7マシンがあり、こちらはアップグレードしていませんでした。OSの購入は高いし何とかならないかと思っていると何とかなりそうな情報が!!
結果的には無償でWindows10にアップグレードでき問題なく動作できたので、その方法を紹介します。もちろん違法な方法ではありません。
不要なプリインアプリなども削除できたのもあるかもですが、Windows10になって動作が快適になりました(´∀`)

ただし、全てのマシンで無償アップグレードできるかどうかは不明です。利用される場合は自己責任でお願いします。
参考までに今回私が実行したのは、ノートパソコンにメーカープリインストールしたあるWindows7 Home Premiumからのアップグレードです。

なお、Windows10を動作させるためのスペックはWindwos7が動作しているのであれば問題ないと言われています。注意点としてはデバイスドライバが対応しているかメーカーHPで確認しておきましょう。

Windows10へのアップグレード手順

ツールのダウンロード

Windows10へアップグレードする

  1. https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10のサイトにアクセスします
  2. ツールを今すぐダウンロードをクリックし、メディア作成ツール(MediaCreationToolxxxx.exe, xxxxはバージョン)をダウンロードします Windows10の無償アップグレード

ツールの実行

基本的にはダイアログに従って実行するだけです。

  1. ダウンロードしたツールを実行します MediaCreationTool
  2. この PC を今すぐアップグレードする>次へボタン Windows10の無償アップグレード
  3. ライセンス条項を確認し、同意するボタン Windows10の無償アップグレード
  4. しばらく待ちましょう Windows10の無償アップグレード
  5. ライセンス条項を確認し、同意するボタン Windows10の無償アップグレード
  6. あとはインストールを見守るだけです

なお、既存のユーザ情報を引き継ぐ場合、次のような画面が表示される場合があります。

Windows10の無償アップグレード警告

この場合、デバイスドライバなどが対応しているか確認してください。また、アプリケーションの場合は内容を確認し、不要であればアンインストールしてください。
私は既存のユーザ情報やアプリケーションもクリアしたかったため、最終的には引き継がない方法でアップグレードしましたが、その場合はこのダイアログを回避できて且つ正常に動いています。
実はユーザ情報は引き継がなくても、ユーザフォルダ(マイドキュメントやピクチャ)は残ってて見れたりします。

アップグレード後は「Windows ライセンス認証」を確認し、「Windows はライセンス認証されています。」となっているか確認しましょう。

参考

まだ可能!Windows 10 への無償アップグレード方法【2019年版】

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です