LocalでサクッとWordPressのローカル開発環境を構築する

Local(Local by Flywheel)を使うとWordPressのローカル開発環境が簡単に構築できます。
本記事はLocalのインストールからサイトの作成までの手順になります。

ダウンロードとインストール

ダウンロード

Windowsの場合になります。

  1. Localのサイトにアクセス
  2. DOWNLOADボタンをクリック Localのダウンロード
  3. 対象のプラットフォームを選択 > Windows Localのダウンロード
  4. 項目を入力して(Work EmailだけでもOK)、GET IT NOW!ボタンをクリック Localのダウンロード

インストール

  1. ダウンロードしたファイルを実行する Localのインストール
  2. 好きな方を選択(ここでは現在のユーザーのみにインストールするを選択) > 次へボタン Localのインストール
  3. 任意のインストール先を指定し、インストールボタン Localのインストール Localのインストール 途中でランタイムのインストールを聞かれた場合はOKにする
  4. 完了ボタン Localのインストール

Localを起動しサイトを作成する

初回起動

  1. スタートメニューなどから、インストールしたLocalを起動する
  2. Windowsセキュリティの重要な警告が表示されたら、プライベート ネットワークを許可(自己責任でお願いします) Local起動時のセキュリティ警告
  3. 利用規約を確認 > I have read and agree to LOCAL’S TERMS OF SERVICEをチェック > I AGREEボタン Local利用規約
  4. Error Reporting はいいえでも構いません

サイトの作成

  1. CREATE A NEW SITEボタン Localでサイトの作成
  2. サイト名を入力してCONTINUEボタン Localでサイトの作成
  3. PHPなどのバージョン指定が不要ならば、Preferred>CONTINUEボタン Localでサイトの作成
  4. WordPress UsernameWordPress Passwordを入力してADD SITEボタン Localでサイトの作成

基本的な使い方

localの管理画面
  1. サイトが起動していない場合、右上のSTART SITEで起動できます
    START SITEボタン 右上がSTOP SITEの場合、押下するとサイトが停止します
  2. OPEN SITEボタンでサイトが確認できます
  3. ADMINボタンで管理画面を表示します
  4. ~\Local Sites\wordpresstest横のボタンで対象のフォルダを開きます

作成したサイトは通常、C:\Users\<ユーザー名>\Local Sites\<サイト名>にあります。

Localについて

個人的にInstant WordPressではテーマの作成がしづらくなったので、乗り換えました。
LocalはPHPのバージョン変更にも対応してて便利ですね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です