get_template_partで呼び出したテンプレートで呼び出し元の変数を使用する|WordPressテーマ作成

get_template_part()で呼び出したテンプレートでは呼び出し元で定義した変数にアクセスできません。変数がglobalであればアクセス可能ですが、globalにしたくない場合はset_query_var()を使用してクエリ変数をセットします。

クエリ変数の使い方

呼び出し元の使用例

<?php set_query_var( 'test_var', "ABC" ); ?>
<?php get_template_part( 'post-links' ); ?>

テンプレート側での変数アクセス方法

echo '<p>' . $test_var . '</p>';
下記のようにget_query_var()を使ってset_query_var()の値を取得している情報もありますが、現在はget_query_var()を使用しなくても変数キーをそのまま変数として使用できています。
<?php $test_var = get_query_var( 'test_var', '' ); ?>
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です