ブランチ操作 | Git

よく使うbranch操作コマンドまとめ。

ブランチ一覧を確認する

git branch -a

ブランチを作成する

git branch <ブランチ名>

カレントのブランチを切り替える

git checkout <ブランチ名>

または

git switch <ブランチ名>

ブランチの作成と切り替えを同時に行う

git checkout -b <ブランチ名>

または

git switch -c <ブランチ名>

ブランチを削除する

git branch -d <ブランチ名>

上記では削除するブランチに未マージのコミットがある場合は削除できません。未マージのコミットを無視して強制的に削除する場合はコマンドを次のようにします。

git branch -D <ブランチ名>

ブランチ名を変更する

ブランチ1の名前をブランチ2に変更する

  • ブランチ2があれば失敗する
    git branch -m <ブランチ1> <ブランチ2>
    
  • ブランチ2があれば削除して新しく作成する
    git branch -M <ブランチ1> <ブランチ2>
    

カレント(現在)のブランチ名を変更する

git branch -M <新しいブランチ名>

別のブランチからコミットを取り込む

git cherry-pick <コミットID>

コミットIDはgit logなどで確認できるハッシュ値(先頭7文字程度)です。

コンフリクト発生時

コンフリクト発生時は次のような手順で解消作業を行います。

  1. マージ作業を行う
  2. 対象ファイルをgit addgit rmなどでステージングする
  3. 次のコマンドを実行し、cherry-pickを継続する
    git cherry-pick --continue
    

cherry-pickの取り消し

コンフリクト発生時にcherry-pickを取り消したい場合は次のコマンドを実行する。

git cherry-pick --abort

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です