Excel VBAでファイルを開く

Excel VBAでファイルオープンダイアログを表示して、ユーザーに開くファイルを選択してもらう方法です。
Application.GetOpenFilename()を使用します。キャンセルした場合は、Falseが返却されます。

Function OpenWorkbook() As Workbook
    Dim fileName As String
    fileName = Application.GetOpenFilename("Excel ブック,*.xls; *.xlsx")
    If fileName <> "False" Then
        Set OpenWorkbook = Workbooks.Open(fileName)
    Else
        Set OpenWorkbook = Nothing
    End If
End Function
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です