アーカイブページの作成|WordPressテーマ作成

WordPressのテーマ作成でアーカイブページを作成する際のメモです。
関数で分岐させればarchive.phpのみでも実装可能です。

アーカイブページの種類

アーカイブページには以下の種類があります。

種別 テンプレートファイル名
タクソノミー taxonomy.php
カテゴリ category.php
タグ tag.php
作成者 author.php
日付 date.php
カスタム投稿タイプ archive-$posttype.php

そして、上記テンプレートファイルが存在しない場合はarchive.phpが利用されます。

実際はslugidなどで細かくテンプレートファイルを指定することも可能ですが、ここでは省略しています。

アーカイブページの種類を取得する

以下の関数を使用することでアーカイブページの種類を判定することができます。

関数名 内容
is_archive() アーカイブページかどうか
is_tax() タクソノミーアーカイブページかどうか
is_category() カテゴリアーカイブページかどうか
is_tag() タグアーカイブページかどうか
is_author() 作成者アーカイブページかどうか
is_date() 日付アーカイブページかどうか
is_year() 年別アーカイブページかどうか
is_month() 月別アーカイブページかどうか
is_day() 日別アーカイブページかどうか
is_post_type_archive() カスタム投稿タイプアーカイブページかどうか

表示中のアーカイブページの内容を取得する

タイトル表示などのために、各アーカイブページで使用します。

タクソノミーのターム名 single_term_title( '', false );
カテゴリ名 single_term_title( '', false );
タグ名 single_term_title( '', false );
作成者名 get_queried_object()->data->display_name
get_query_var( 'year' )
get_query_var( 'year' )
get_query_var( 'monthnum' )
get_query_var( 'year' )
get_query_var( 'monthnum' )
get_query_var( 'day' )
カスタム投稿タイプのタイトル post_type_archive_title( '', false )
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です