Windows への Laravel インストール

これまでCakePHPを使ってPHPの学習をしてきましたが、Laravelの方がシェアを伸ばしているような記事を見かけ、ずっと気になっていました。
最近、少し時間ができたのでLaravelに挑戦しようと思います!!

本記事はXAMPP上でLaravelを動かす方法になります。

Laravel のインストール

まずはインストール。Composerを使ってインストールします。XAMPPとComposerのインストールについては下記記事の内容がそのまま使えるため、省略します。

Windows への CakePHP インストール on XAMPP

Composerをインストールしたら、以下の手順でLaravelをインストールします。

  1. コマンドプロンプトを起動します
  2. Laravelをインストールしたいフォルダに移動します
  3. 以下のコマンドを実行します
    Composerのインストールディレクトリがデフォルト(C:\ProgramData\ComposerSetup\bin)、LaravelをC:\xampp\htdocs\laravel-prjにインストールしたい場合
C:\ProgramData\ComposerSetup\bin\composer create-project --prefer-dist laravel/laravel laravel-prj

ここではC:\xampp\htdocsで上記コマンドを実行します。

または

コマンドプロンプトでComposerのインストールディレクトリから以下のコマンドを実行します。
C:\xampp\htdocs\laravel-prjにインストールする場合

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel c:\xampp\htdocs\laravel-prj

以下のようなメッセージが表示されればインストール完了です。

Laravelインストール完了

インストールできたらブラウザでアクセスできるか確認します。

  1. XAMPPでApacthを起動します
  2. ブラウザでhttp://localhost/laravel-prj/public/にアクセスします
    正常にインストール出来ていれば、以下のようなLaravelの画面が表示されます Laravelトップ画面

公開フォルダについて

CSSフォルダ

\{Laravelプロジェクト}\public\cssに配置します。
Bladeでは、{{ asset('css/ファイル名.css') }}で読み込みます。

<link rel="stylesheet" href="{{ asset('css/bootstrap.min.css') }}">
asset()publicフォルダ内のファイルへのパスを取得できる。

JavaScriptフォルダ

\{Laravelプロジェクト}\public\jsに配置します。
Bladeでは、{{ asset('js/ファイル名.js') }}で読み込みます。

イメージなども同じように配置可能です。

データベースの変更

\{Laravelプロジェクト}\config\database.phpを変更します。

MySQLを指定する場合、'default'mysqlを指定します。

'default' => env('DB_CONNECTION', 'mysql'),
env()について
env('DB_DATABASE', 'forge')
上記の場合、\{Laravelプロジェクト}\.envDB_DATABASEが設定されていればその値を使用し、なければ'forge'を使用するという意味です。

'mysql' =>内の項目を編集します

  • 'database'
  • 'username'
  • 'password'
  • 'charset'

などをXAMPPで設定した値に変更します。

ルーティング

ルーティング情報\{Laravelプロジェクト}\routes\web.phpに記述します。
細かなルーティングの設定は別記事でまとめようと思うので、ここでは簡単なGETメソッドの書き方だけ。

GETメソッドのルーティングはRoute::get($uri, $callback)の書式で記述します。コールバック($callback)で表示する画面の情報を指定します。

直接HTMLを出力

無名関数でHTMLを出力します。

Route::get("/hello", function () {
    print("<h1>Laravel Hello.</h1>");
    return null;
});
  • ブラウザでhttp://localhost/laravel-prj/public/helloにアクセス Laravel画面出力例

ビューテンプレートを使用する

ビューのテンプレートファイル(Blade)を指定する方法です。Bladeについては別記事でまとめようと思うので、ここでは指定方法だけ。

Route::get("/view-test", function () {
    return view('welcome');;
});

view()の戻り値を無名関数の戻り値として返します。view()の引数にはテンプレートファイルのファイル名を指定します。

コントローラを使用する

コントローラクラスを指定する方法です。コントローラについては別記事でまとめようと思うので、ここでは指定方法だけ。

第2引数にコントローラクラス名を指定します。コントローラクラス内の__invoke()メソッドが使用されます。

Route::get("/controller-test", "コントローラクラス名");

任意のアクションメソッドを実行したい場合は、以下のようにします。

Route::get("/controller-test", "コントローラクラス名@メソッド名");

URIにパラメータを含める

URIに{パラメータ名}で記述し、無名関数やコントローラのfunctionで引数を指定します。

Route::get("/hello/{name}", function ($name) {
    print("<h1>Laravel " . $name . ".</h1>");
    return null;
});
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連コンテンツ

スポンサードリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です